candy     20170724


キャンディみたいなmikusaの定番小花の押し花を集めてみました!

透明部分が多い押し花リースを作ろうと考え中です。
小花を眺めていたら、
春に集め忘れたお花に気が付きました…ガーン

これだけの衝撃を受けたので珍しくメモをしなくても覚えてられる自信があります。笑




毎日暑くて嫌になりそうですが、
遠くのどこかではお天気の大きな影響があるのでこのくらい我慢しないとなって思います。

大雨や雷が怖くてすぐにスマホで調べる癖がついちゃいました。
調べられるから余計に気になっちゃうのかな?

小さい頃は終業式に雷が鳴って、
通知表見せながら縁側でスイカを食べて夏休みが来たなって思いましたが。

今は騒々しいお天気で、
どうにか静かに過ぎ去ることばかり考えて悠長にスイカなんて食べてられないです。
8月に入れば落ち着くのかな…
でも、次は台風の心配ですね。

雨の日に打ち合わせがあると押し花がくるんとしちゃうんで、
ささっとしまうんですけどね、
なんかそれってお客さまに失礼な気がしてなかなか慣れません。

晴れた日でクーラーの風が来ない場所で打ち合わせできるとホッとします。
わがままな押し花作家で申し訳ないです^^

今週は地味な作業頑張る予定です!
お互いに暑さで体調崩さないようにしたいですねー


今日も最後まで読んでくれてありがとうございますm(__)m
お帰りの際には、どうぞ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ フラワー雑貨へ

2017-07-24 : お花のこと : コメント : 0
※メールでの返信をご希望の場合はメールにてご連絡ください。※鍵コメの数はカウントされません。
Pagetop

ピンクの押し花リース! 20170719


オーダーではないんですが、
ピンクの押し花リースを作りたくなりました

透明な樹脂の中に閉じ込めると涼しげでしっとり感もアップします!

ちょうど秋の初めに退色に気が付くとディスプレイを変える時に『あれ?』となるかな?




先日、綺麗な色使いのシンプルなイラストが気に入っているイラストレーターさんのtwitterに、
いつもとは別の不似合いなクーラーの内部の画像がアップされていたんです。

驚いて何かの間違いか、
それともアカウントを乗っ取られたのかと思ったら、
クーラーの掃除についての注意を書いてくれてたんです。

わたし何年も不審に感じてたことがスッキリと解決しました!
毎年、クーラーのお掃除お願いしたいなって思って探すんですけど、
涼しくなってからでいいか…エアコン使う直前にしようか…なんて言いながら過ぎてたんです。

だけど、なによりもためらっていた原因は、
お掃除してもらった♪と喜んでいる友人知人が必ずと言っていい程次の年に買い替えるんです。
『あれ?お掃除してもらったって言ってなかったっけ?』と聞くと、
必ず『うんそうだよ。でも、寿命だよね』とか『古いのはダメなんだね』とかって答えるんです。

なんか…おかしくないですか?
だから、お掃除するなら買い替えるつもりで→だったら買い替えた方がいいのかな?になってたんです。
全部がそうだとは言いませんが、
ご近所さんや親類や友人は同じ状況だったんです。

そしたら!イラストレーターさんも先日綺麗になったとツイートしていたのに、
お掃除後に冷えないからとメーカーさんに来てもらったそうです。

画像は、その時にメーカーさんが開けた内部の汚れまみれの状態だったんです。
お掃除で確かに黒い水をその目でしっかり見たはずなのに、
液体ではなく埃汚れは向こう側にたまってしまっただけだったんです。

全部を開けないと汚れが取れないのを知らなかったのか?との疑問も丁寧に説明してくれてます。
電機屋さんのお掃除スタッフさんは、
お掃除後にメーカーを呼ばれることがあっても掃除のことは言わないでくださいと伝えていたそうです。

なるほど…電機屋さん明らかに知ってますね。
メーカーさんもお客さんに聞いて知ってるはずですよね。
お客さんだけが知らなくて、
お掃除代金を払い、
そしてすぐに壊れるから新しいのを購入してたんです。

今までのわたしの不信感の謎が解けました。
イラストレーターさんが説明してくれなかったら知らないままでした。
同じ系列の電機屋さんで購入してたから同じ被害を経験してたかもと考えると怖いです。

綺麗なイラストを流してくれているのに、
あの画像を流すのとても勇気が必要だったと思いますが、
誠実さがよくわかりました。

作るものに対する繊細さが表れていてスッキリ爽快です。
だから、ピンクの押し花リースを作りたくなったのかな?笑


今週も暑くて気候の変化に悩まされそうですが頑張ります


今日も最後まで読んでくれてありがとうございますm(__)m
お帰りの際には、どうぞ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ フラワー雑貨へ

2017-07-19 : お花のこと : コメント : 0
※メールでの返信をご希望の場合はメールにてご連絡ください。※鍵コメの数はカウントされません。
Pagetop

アナベルをドライに!  20170710


アナベルを押し花に!ならわかりますけど、
今日はドライに!って記事を書きます。

間違っているかもなんですが、
わたしは緑になるまで待ってから切って、
虫や砂やその他を部屋に持ち込みたくないので、
バケツに入れた水にじゃぶじゃぶして外に一晩干してから、
部屋の中で乾燥させます。
ドライフラワーのベテランさんに聞いてみたいのですが、
もっと良い方法があったら知りたいです。

そして、今は昨年のを飾り、今年のは来年まで乾燥剤の海へ入れておきます。
いつでもグリーンの新鮮なアナベルがあると思うだけで嬉しくて安心できます。

じゃあ、いつ押し花に?って思いますよね…
たくさん挿し木で増やしてるので大丈夫です。
乾燥剤の海に入れられないくらいのわたしの頭サイズのは、
まだ切らないでそのままにしてありますし、
アナベル祭りはしばらく続きます。

プレゼントしたい人用にも余裕を持って育ててます。
アナベルは他のアジサイと違う時季に剪定することやいろいろと気を使いますが、
お山では自然に立派に咲いてドライ(立ち枯れ?)になっているので、
手を加えない方が良いのか悩むところではありますが…

手間が増えるとかわいい気持ちも倍増するのかな?

靴下を二枚重ねても蚊に刺されてどんな抵抗も阻止されてしまいます。
なんであんなに小さい生き物に翻弄されているのか…

今週も四の五の言わずに押し花や草取りをたくさん楽しんじゃいます


今日も最後まで読んでくれてありがとうございますm(__)m
お帰りの際には、どうぞ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ フラワー雑貨へ

2017-07-10 : お花のこと : コメント : 0
※メールでの返信をご希望の場合はメールにてご連絡ください。※鍵コメの数はカウントされません。
Pagetop

わたし好みの!  20170703


好きな色になってきました。
でも、土に頭が付く程おじぎして砂だらけのお顔になってます。
ここから緑になるまで楽しいです。
大雨だと晴れ間も水滴でキラキラしてはっきりとした色の差を見られないんですが、
それでも気になってじっと見てます


先日、かなり大きなのは久しぶりなんですが押し花額をやり取りしたんです。
とても親切丁寧な先方さまで、
全てに行き届いた対応だったので作品が輝いて見えました。

作品に使うの変ですけど…人でいうところの免疫力アップみたいな感じだなって思いました。
笑顔が集まる場所にはやさしさが、
豊かな心の人が集まるところには安心感があります。
雰囲気って作ったり変えたりできないからすごいなって尊敬します。

わたしの作品があるところには笑い声と明るい人が集まってるといいな!
毎日の努力と心がけが大切ですね

いつか報われると信じて今週も頑張ります


今日も最後まで読んでくれてありがとうございますm(__)m
お帰りの際には、どうぞ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ フラワー雑貨へ

2017-07-03 : 思うこと : コメント : 0
※メールでの返信をご希望の場合はメールにてご連絡ください。※鍵コメの数はカウントされません。
Pagetop

heart    20170626


ハートいっぱいの白いお花がかわいくて、
今日はメインに使いました♡


前の記事のお花は地味なのですが、
以前聞いたことのある幻のお花だったんです。

だって、何十年かに一度しか咲かないんですよ!
30年とか60年とか120年に一度とも言われてるらしいんです。

30年後はギリギリ生きていられるのかも知れませんが、
それ以上だったら二度と会えないんです…。

なのに綺麗な色で残せなくて落ち込んじゃいました(*_*;


でも、次にどこかで会えたらしっかり押したいと思います。
会える気がしてきたんです!


紫陽花は、あとは全部ドライ用なので押すのは終わりです。
今は、女郎花が咲くところですね。

咲いてくれたら感謝してたくさん押したいです。
いつも本当に元気をありがとうございます


今日も最後まで読んでくれてありがとうございますm(__)m
お帰りの際には、どうぞ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 雑貨ブログ フラワー雑貨へ

2017-06-26 : お花のこと : コメント : 0
※メールでの返信をご希望の場合はメールにてご連絡ください。※鍵コメの数はカウントされません。
Pagetop
ホーム  次のページ »

profile

mikusa 

Author:mikusa 

押し花作家
名古屋在住

自然素材のやさしい色を大切に押し花を作っています。
無着色・無染色の押し花は、紫外線などにより退色しますが、色褪せた押し花も楽しんでいただけるようにデザインを考えています。
美しい色を保つ為、日本ヴォーグ社ふしぎな花倶楽部教材を使用しています。
ジャンルを問わずお取引きのご連絡お待ちしております。
(委託販売以外のみ)
どうぞ、お気軽にご連絡くださいませ。

please be careful!!

* 画像のコピー・転載利用禁止
* 無許可の作品の転売・商用利用禁止
* リンクはご自由に!

calendar


06 | 2017/07 | 08
Dim Lun Mar Mer Jeu Ven Sam
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -